社会福祉主事とは?

ここでは社会福祉主事とはどういった資格なのかについて、概要を紹介していきます。福祉事務所などで福祉サービス対象者からの相談を受け、アドバイスやサービスの提案などを行います。任用資格であり、社会福祉士などの国家資格とは異なります。公務員として働く場合には公務員試験に合格する必要があります。資格取得のためには厚生労働大臣が指定する科目を修了することが要件となっています。社会福祉サービスの需要が高まる現代において非常に重要な役割を担う仕事です。

  • 相談をメインに福祉業務を行う

    相談をメインに福祉業務を行う

    社会福祉主事は主に公務員として福祉事務所や公的な福祉施設で働いています。社会福祉主事は任用資格で、公務員試験に合格することが公務員として働くための条件となります。主な仕事は相談をメインとした福祉業務です。生活保護法などの範囲にある対象者からの相談を受け、アドバイスや提供可能な福祉サービスの案内をします。あくまで任用資格なので国家資格とは異なります。公務員以外では、社会福祉施設や介護施設などの施設長や生活相談員として働けます。

    相談をメインに福祉業務を行う
  • 社会福祉士との違い

    社会福祉士との違い

    社会福祉主事に似ている資格として社会福祉士があります。社会福祉主事は任用資格であるのに対し、社会福祉士は国家資格です。そのため、資格試験に合格しなければ取得できません。合格率は20~30%ほどの難関資格です。どちらも福祉業務を行いますが、社会福祉士のほうがより専門性の高い資格です。そのため、社会福祉士は社会福祉主事の上位資格と考えていいでしょう。仕事内容自体に大きな違いはありませんが、待遇面などで差が出ます。

    社会福祉士との違い
  • 資格取得に必要な条件

    資格取得に必要な条件

    社会福祉主事を取得する方法はいくつかありますが、多くの人が取得している方法は大学や短大で厚生労働大臣が指定する科目の単位を取得するルートです。該当科目はいくつか存在しますが、その中の3科目以上を修了するのが要件となっています。その他にも、通信教育で学ぶ方法や都道府県が開催する講習会を受講する方法などがあります。大学や短大で学ぶ場合ポイントとなるのは学部ではなく科目なので、取得費用については学校によって異なります。

    資格取得に必要な条件
社会福祉主事とは?

おすすめの記事はこちら

社会福祉主事として働くメリット・デメリット
社会福祉主事として働くメリット・デメリット

社会福祉主事として働くメリットはどういったところにあるのでしょうか。社会貢献度が高い仕事のため、やりがいと達成感を得ることができます。需要が高く安定して働ける点も見逃せません。ただし、働くにあたって注意しておきたい点もあります。

社会的に重要な役割

社会福祉主事は社会生活を送るのが困難な人からの相談を受け、様々なアドバイスや福祉サービスを提供するための手助けを行う社会的に重要な役割を担う仕事です。この仕事の魅力や資格取得に関する詳しい情報を紹介していきます。お問い合わせは>>>こちら<<<

社会的に重要な役割