就職先はどうやって見つけるか

主な就職先と求人探しの方法

どこで働くか

まずは社会福祉主事が活躍できる場所についておさらいしておきましょう。社会福祉主事を取得した人の多くは公務員として働いています。その場合は各自治体に設置されている福祉事務所が主な就職先となります。福祉事務所は「生活保護法」「児童福祉法」「母子及び寡婦福祉法」「老人福祉法」「身体障害者福祉法」「知的障害者福祉法」で定められた援助業務を行う機関です。相談窓口において対象者からの相談を受けます。この仕事は、社会福祉主事任用資格取得者のみが行えるものです。このように公務員として福祉事務所で働く場合、地方公務員試験に合格する必要があります。福祉事務所以外だと、公的な社会福祉施設が勤務先候補になります。
公務員以外だと、民間企業などが運営する老人福祉施設や障害者施設が就職先となります。そこでは生活相談員として働くことになるでしょう。社会福祉主事は福祉についての専門的な知識を証明する任用資格なので、あらかじめ応募資格に規定されていることも多いです。具体的には、特別養護老人ホームやデイサービス、有料老人ホーム、社会福祉協議会などが勤務先となります。また、病院の医療相談員として働く人もいます。資格があることでキャリアアップに役立つだけではなく、資格手当が支給される場合もあります。現在介護業界で働いており、社会福祉主事に興味があるという人も多いでしょう。実際に、介護福祉士として活躍していた人がより幅広く社会福祉に関わりたいと考えて社会福祉主事の取得を目指すケースは多いです。相談業務に携わるにあたっては社会福祉主事があると非常に有利です。

求人を探す

社会福祉主事が応募要件になっている求人は多いです。そのほとんどは介護関連施設などの生活相談員としての募集です。高齢化に伴い介護施設は増加しているので、新規オープンにあたって生活相談員を募集しているところも多いです。生活相談員の求人は経験の有無よりも資格の有無が最初のポイントとなるので、たとえ未経験でもチャレンジできます。基本的には日勤帯の求人が多いでしょう。雇用形態は常勤がほとんどです。
社会福祉主事として就職先・転職先を探すのであれば、転職サイトの利用がおすすめです。ハローワークなどは情報量に限界があり、細かい情報をなかなか得られないというデメリットがあります。一方で、業界に特化した転職サイトなら施設の内部事情など詳しい情報を把握していますし、条件のいい非公開求人を多数保有しています。面接日の日程調整や条件交渉の代行などもしてくれるので、ぜひ活用しましょう。

おすすめの記事はこちら

社会福祉主事として働くメリット・デメリット
社会福祉主事として働くメリット・デメリット

社会福祉主事として働くメリットはどういったところにあるのでしょうか。社会貢献度が高い仕事のため、やりがいと達成感を得ることができます。需要が高く安定して働ける点も見逃せません。ただし、働くにあたって注意しておきたい点もあります。

社会的に重要な役割

社会福祉主事は社会生活を送るのが困難な人からの相談を受け、様々なアドバイスや福祉サービスを提供するための手助けを行う社会的に重要な役割を担う仕事です。この仕事の魅力や資格取得に関する詳しい情報を紹介していきます。お問い合わせは>>>こちら<<<

社会的に重要な役割