どんな人が求められているのか

幅広い対応力が必要

高まる需要に対応する力

人々が安心した生活を送るうえで社会福祉主事という仕事は非常に大切な役割を担います。特に最近は、生活保護の受給世帯が右肩上がりで増加しています。一般的な社会生活を送るのが困難な人をサポートする社会福祉主事の存在は重要性が増す一方です。また、急速に高齢化が進む日本においては老人福祉の需要が増えていきます。今でさえ需要に供給が追い付いていない側面があるため、今後はより一層の努力と人員確保が求められます。社会福祉の第一線で活躍する社会福祉主事には、幅広い知識や高度な相談援助スキルが求められることになります。

介護保険制度の知識が必要

社会福祉主事の仕事をするうえで欠かせないのが「介護保険制度」に関する知識です。高齢化が進み介護サービスのニーズが多様化している現代において、より適切なサービスの提供を目指すためには最新の知識を得ておかなければなりません。介護保険制度はたびたび改正が行われているため常にアンテナを張って制度の内容を理解し、対象者の相談内容に応じて適切なサービスの提案を行っていく必要があります。
また、新しい知識の吸収とともに福祉サービス自体の向上が必要です。社会全体でそういった取り組みに積極的な雰囲気もありますが、現状はまだ「福祉の仕事はつらい」というイメージを拭いきれていません。そのため、人手が不足している福祉施設が多いのも事実です。福祉事務所の相談窓口に限らず、特別養護老人ホームやデイサービス、ショートステイなどの介護施設でも社会福祉主事は活躍することができます。こういった施設は今後も増加していくことが確実視されているので、今から社会福祉主事を目指す人でも多くのチャンスがあります。困っている人のために働きたいと思う熱意と、社会福祉に対する興味を失わず努力していく姿勢があれば、やりがいを失うことなく働いていくことができるはずです。

キャリアアップを目指す人

キャリアアップを目指す人にとってもおすすめの仕事です。社会福祉主事任用資格を取得した後、社会福祉士を取得する人も多いです。社会福祉士は社会福祉専門職の国家資格です。そのため、この資格を取得すれば職に困ることはなく転職するにあたっても有利に働くでしょう。社会福祉分野のプロフェッショナルとして第一線で活躍していくことができます。社会福祉は高齢者に対するサポートに限らず、障害者や児童などに対して幅広く対応していきます。現在介護職として働いていて、より広い視点を持って社会福祉に関わっていきたいと考える人は、最初のステップとして社会福祉主事を目指してみましょう。

おすすめの記事はこちら

社会福祉主事として働くメリット・デメリット
社会福祉主事として働くメリット・デメリット

社会福祉主事として働くメリットはどういったところにあるのでしょうか。社会貢献度が高い仕事のため、やりがいと達成感を得ることができます。需要が高く安定して働ける点も見逃せません。ただし、働くにあたって注意しておきたい点もあります。

社会的に重要な役割

社会福祉主事は社会生活を送るのが困難な人からの相談を受け、様々なアドバイスや福祉サービスを提供するための手助けを行う社会的に重要な役割を担う仕事です。この仕事の魅力や資格取得に関する詳しい情報を紹介していきます。お問い合わせは>>>こちら<<<

社会的に重要な役割