社会福祉主事として働くには

社会福祉主事として働くために押さえておきたいポイントを紹介していきます。まずはどのような人材が求められているかを知りましょう。社会福祉のニーズは多様化し、介護保険制度はたびたび改正が行われています。そのため、対象者の悩みを汲み取ったうえで最適な案内ができるように幅広い知識を持っておく必要があります。資格については、現在働いている人でも取得が可能です。資格を無事取得した後は、希望する働き方に応じて効率的に仕事を探しましょう。

  • これから資格を取得することも可能

    これから資格を取得することも可能

    社会福祉主事を取得している人の多くは大学や短大で指定科目3科目を修了して取得しているケースが多いです。大学を卒業している人は自分が履修した科目をあらためて確認してみましょう。もしかすると、すでに要件を満たしている可能性があります。大学に通わなくても、通信制の教育課程で学んだり都道府県が開催する講習会に通って取得することができます。現在働いている人でも、通信制を利用すれば無理なく資格を取得することができます。

    これから資格を取得することも可能
  • 就職先はどうやって見つけるか

    就職先はどうやって見つけるか

    まず、社会福祉主事を取得した後の就職先はどこになるのかを把握しておきましょう。公務員を希望する場合は、地方公務員試験に合格する必要があります。無事合格した後は、福祉事務所の相談窓口が主な勤務先となりますが、それ以外には公的な社会福祉施設などが勤務先候補となります。公務員ではなく民間の施設で働く場合、主に生活相談員として就職することになるでしょう。求人を探す際には、多くの情報を持っている業界特化の転職サイトを利用してください。

    就職先はどうやって見つけるか
  • どんな人が求められているのか

    どんな人が求められているのか

    一般的な社会生活を送るのが困難な人に向けて福祉サービスの提案やアドバイスを行う社会福祉主事は、高齢化が進む日本においては非常に重要な役割を担います。相談者ごとに異なる事情や悩みを汲み取り適切な案内ができるように幅広い知識や相談援助スキルが求められます。特に「介護保険制度」の知識が重要となってきます。介護保険制度はたびたび改正が行われているので、その時々で異なる制度の内容を理解しておく必要があります。

    どんな人が求められているのか
社会福祉主事として働くには

おすすめの記事はこちら

社会福祉主事として働くメリット・デメリット
社会福祉主事として働くメリット・デメリット

社会福祉主事として働くメリットはどういったところにあるのでしょうか。社会貢献度が高い仕事のため、やりがいと達成感を得ることができます。需要が高く安定して働ける点も見逃せません。ただし、働くにあたって注意しておきたい点もあります。

社会的に重要な役割

社会福祉主事は社会生活を送るのが困難な人からの相談を受け、様々なアドバイスや福祉サービスを提供するための手助けを行う社会的に重要な役割を担う仕事です。この仕事の魅力や資格取得に関する詳しい情報を紹介していきます。お問い合わせは>>>こちら<<<

社会的に重要な役割