社会福祉主事として働くメリット・デメリット

この仕事だから得られるもの

メリット

なによりも社会福祉主事の一番のやりがいは、不安を抱える人たちの力になれることです。様々な悩みを持つ人たちからの相談に対し、最適なサポートを提供することで「ありがとう」と直接感謝の言葉をいただけます。困った人たちが笑顔になる瞬間は、こちらも大きな喜びを得られると同時に達成感を味わうことができます。人間を相手にしますので毎回上手に事が運ぶわけではわりませんが、それでも最終的に担当した人を助けることができたと感じられれば、大きなやりがいとなります。
また、社会福祉主事任用資格を取得した人の多くは地方公務員として働いており、それゆえ給料や待遇面が安定しているというメリットがあります。休日や休暇制度も整っており、安心して働ける環境があります。民間の施設で働く場合でも、資格があることで採用面で有利に働きます。経験が財産となる仕事なので、働きながらスキルアップを図ることで後々は社会福祉士やケアマネージャーなどの資格を取得してキャリアアップを狙うことができます。需要の高い社会福祉の分野だからこそのメリットだと言えます。
そして、たくさんの人と出会うことができるのも社会福祉主事の魅力です。毎日多くの地域住民と接することになりますし、その人たちが抱えている問題や生活環境、価値観などは一人一人異なります。そのため、人と接することが好きな人にとっては、その資質を十分に発揮できる仕事です。人や世の中のために働きたいと考えている人にとっては適職と言えます。

デメリット

上述でも触れた通り、社会福祉主事は公務員として働いている人が多いです。その中で高齢や病気、障害、生活環境などを理由に社会生活を送れない人々を助けるために働いていくことになりますが、特に生活保護に関する業務を担当する場合、大変に感じる場面が多いかもしれません。というのも、生活保護を受けている人には前科歴があったり、精神的に不安定な人も多いです。そのため、暴言を吐かれるなどストレスを感じる場面もあるでしょう。社会福祉主事として働き始め、対象者とのやり取りの中で大きなストレスを感じ、それを理由に退職する人も残念ながら少なくありません。社会的責任が大きく、これから先さらに需要が高まっていく重要な仕事であることを考えると、今の給料は割に合わないと考える人もいます。確かに、労働の対価としてもらえる報酬が、自分の持っているイメージと大きく差があるならば、転職を考えてしまうのは仕方のないことかもしれません。
以下に、より深く知りたい人向けに社会福祉主事の仕事について詳しく掲載しているページを紹介します。

こちらのページでは、社会福祉主事に向いている人はどんな人か、福祉サービス利用者はどんな人か、この仕事のやりがいや魅力などを紹介しています。

おすすめの記事はこちら

社会福祉主事として働くメリット・デメリット
社会福祉主事として働くメリット・デメリット

社会福祉主事として働くメリットはどういったところにあるのでしょうか。社会貢献度が高い仕事のため、やりがいと達成感を得ることができます。需要が高く安定して働ける点も見逃せません。ただし、働くにあたって注意しておきたい点もあります。

社会的に重要な役割

社会福祉主事は社会生活を送るのが困難な人からの相談を受け、様々なアドバイスや福祉サービスを提供するための手助けを行う社会的に重要な役割を担う仕事です。この仕事の魅力や資格取得に関する詳しい情報を紹介していきます。お問い合わせは>>>こちら<<<

社会的に重要な役割