安定して働ける需要の高い仕事

以前と比べて社会福祉サービスのニーズは非常に高まっており、高齢化が進む日本においては今後もそのニーズが落ちることはありません。そのため、社会福祉主事は多くの人材を必要としており、将来性の高い仕事です。生活に困っている人の手助けをする社会福祉主事は、仕事をするなかで大きなやりがいと達成感を得ることができます。公務員か民間かで給料事情や待遇が異なってきますので、自分に合っているほうを選んで働きましょう。

  • 様々な福祉の現場で活躍できる

    様々な福祉の現場で活躍できる

    社会福祉のニーズは多様化しており、生活保護の受給世帯は年々増加しています。そのため、社会生活を送るのが困難な人の手助けをする社会福祉主事の重要性は高まっています。高齢化が進み今後もニーズは高まっていくことが予想されるため、将来性は高いと言えます。公務員として働く場合はケースワーカーや査察指導員などとして活躍します。民間の企業が運営する社会福祉施設で働く場合は主に生活指導員として活躍し、いずれは施設長にキャリアアップすることも可能です。

    様々な福祉の現場で活躍できる
  • 社会福祉主事として働くメリット・デメリット

    社会福祉主事として働くメリット・デメリット

    社会福祉主事として働く魅力としてまず挙げられるのは、社会や人のために働けるという点です。様々な悩みや不安を持った人たちと日々接することになりますが、適切な案内をすることで人々の不安は解消され、直接感謝の言葉をもらえることがあります。これは大きなやりがいとなります。ただし、不安や悩みを抱えている人というのは精神的に不安定なことが多いので、仕事をしていくなかで心ない言葉を浴びせられることがあるかもしれません。

    社会福祉主事として働くメリット・デメリット
  • 公務員か民間かで違う給料事情

    公務員か民間かで違う給料事情

    社会福祉主事を取得した後、公務員試験を受けて公務員として働くか企業の運営する福祉施設で働くかを選ぶことができます。公務員として働く場合は自治体ごとに定められている規定に準じた給料が支払われますが、年収300~500万円のボリュームゾーンが多いようです。公務員は給料以外の待遇も安定しているというメリットがあります。民間で働く場合、公務員とそこまで給料に差はありませんが、企業の規模や規定によって待遇が異なる点は覚えておきましょう。

    公務員か民間かで違う給料事情
安定して働ける需要の高い仕事

おすすめの記事はこちら

社会福祉主事として働くメリット・デメリット
社会福祉主事として働くメリット・デメリット

社会福祉主事として働くメリットはどういったところにあるのでしょうか。社会貢献度が高い仕事のため、やりがいと達成感を得ることができます。需要が高く安定して働ける点も見逃せません。ただし、働くにあたって注意しておきたい点もあります。

社会的に重要な役割

社会福祉主事は社会生活を送るのが困難な人からの相談を受け、様々なアドバイスや福祉サービスを提供するための手助けを行う社会的に重要な役割を担う仕事です。この仕事の魅力や資格取得に関する詳しい情報を紹介していきます。お問い合わせは>>>こちら<<<

社会的に重要な役割